『すきっ歯』について学ぼう

すきっぱとは?

すきっ歯は空隙歯列(くうげきしれつ)といい、 イの口にしたときに歯と歯の間があいている状態です。

前歯の中心に2ミリ程度の隙間がある状態を「正中離開」(せいちゅうりかい)と言い、歯が小さく円錐型や栓状型に変化してしまった形態異常から起こる隙間を「矮小歯」(わいしょうし)と言います。

主な原因としては、顎(あご)の大きさに対して歯のサイズが小さいことや、先天的に歯の本数が足りないことなどが考えられます。

また、その”すき間”に無意識のうちに舌を押し付けたりしていると、症状が悪化することがあります。

すきっぱの見た目

すきっぱの見た目

すきっぱのデメリット

◇ 歯の隙間に食べ物がつまりやすく、虫歯や歯周病になりやすい
◇ 発音しにくい言葉がある
◇ 奥歯の噛みあわせが悪くなるため頭痛や肩こりの原因となる

歯並びについて学ぼうのコーナー

神奈川県川崎市ひやま歯科クリニック
診療時間
電話でのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ