『八重歯・乱ぐい歯』について学ぼう - 小児矯正お悩み相談室

八重歯とは?

歯が重なり合って生えている状態を叢生(そうせい)といいます。 八重歯や凸凹の歯並びのことです。

八重歯となる歯は主に上顎の犬歯で、通常は問題なくキレイに生えますが、歯と顎の大きさが調和していないと歯のサイズだけが大きくなり犬歯がきちんと納まる場所がなくなってしまい、そのため歯の列から前に飛び出し八重歯となってしまうと言われています。

主な原因としては、歯が非常に大きいか、顎(あご)が小さいこと、正しい位置に生えるスペースがないこと、乳歯が時期になっても抜けないことが考えられます。

八重歯の見た目

八重歯の見た目

八重歯のデメリット

◇ 歯磨きしづらいため、虫歯や歯周病になりやすい

歯並びについて学ぼうのコーナー

神奈川県川崎市ひやま歯科クリニック
診療時間
電話でのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ