『受け口』について学ぼう

受け口とは

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせのことで、 下顎前突(かがくぜんとつ)といいます。

上下の歯の先端がちょうど当たる状態を切端咬合(せったんこうごう)と言い、上の歯よりも下の歯が外側に出た状態を反対咬合(はんたいこうごう)と言います。

主な原因は遺伝や上顎の骨の成長が平均よりも悪い事、歯の角度などが考えられます。

うけ口は、下顎が大きすぎるか、上顎が小さいことが原因で、また内分泌系の病気が関係していることがあります。

受け口の見た目

受け口の見た目

受け口のデメリット

◇ 前歯が前後、逆になっているため発音しにくい言葉が出てくる
◇ 不正咬合のため食事の際にうまく噛めず正常咬合の人に比べて消化不良を起こしやすい
◇ 顎が正常に歯で固定されないため顎関節に負担がかかり関節周囲を傷つけ痛みを伴うことがある

歯並びについて学ぼうのコーナー

神奈川県川崎市ひやま歯科クリニック
診療時間
電話でのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ