歯並びのお悩み相談 お子様の矯正に関する疑問はありませんか?

期間について

いつ始めたらいいの?

矯正が必要となる症状

いつ始めたらいいの?

矯正治療に関しては、適切な治療時期を逃すと手遅れになりかねませんが、早ければ早いほどいいとも限りません。年齢や症状によって、治療の適切な開始時期は変化します。

出っ歯、やえ歯・乱ぐい歯、受け口、すきっぱ、お口が開いたまま、かみ合わせが深い等、別のページで紹介した症状が治療の対象になりますが、

少しでもお子様の歯並びが気になる方は、一度相談にいらっしゃってください。

適切な治療時期も合わせて、お悩みを解決します!

矯正が必要な理由

歯並びが悪いと、このようなことになります!

虫歯や歯ぐきの病気になりやすい

歯が重なりあっていたり、かみ合わない歯があると、
食べ物のカスがたまりやすいうえに歯みがきがしにくく、
虫歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。
 

正しく、はっきりとした発音がしづらい

ひどい出っ歯、上下の歯がかみ合わない、うけ口… などの場合、
電話での会話や外国語を話す時に正しい発音ができず、
相手に意味が通じないことがあります。

あごの成長を妨げる

歯並びが悪いと、あごの成長にも影響し、上下のあごのバランスが悪くなったり、
顔が左右対称でなくなったりします。

心理的な影響を与える

悪い歯ならびを気にして人前で話したがらなくなったり、
容姿を気にしたりして、友達づきあいも消極的になってしまう傾向があります。
このように歯並びが悪くなることで、見た目以外にも様々なデメリットがあります。
お子様が大きくなったときに、「嫌だなぁ・・・」と感じないようにするためにも、
もし少しでも歯並びが気になる場合は、院長にご相談ください。

気づいたらすぐ

このように歯並びが悪くなることで、見た目以外にも様々なデメリットがあります。これらの症状を放置することで、お子様が大きくなったときに、いざ治療しようとしても手遅れだったり、「嫌だなぁ・・・」と感じないようにするためにも、少しでも歯並びが気になる場合は、すぐにご相談ください。

どの位の期間がかかるの?

当院の矯正なら

どの位の期間がかかるの?

お子様の矯正の場合、治療期間は3~4年くらいになります。

しかし、お子様の症状により期間は変わります。 症状が重かったり、複数の症状がある場合は期間が長くなる傾向があります。

複数の症状とは、出っ歯とガタガタなど また、お顔の骨格性要因が絡む出っ歯や受け口(歯だけが原因ではない場合)は矯正治療期間が長くなることがあり、2年以上かかることもあります

また通常の矯正治療と比較して、より短期的に治療が終了する場合があります。

これは、通常の矯正治療と違い、
床矯正では歯の土台を拡大するところから治療を始めるため、歯がかえって動きやすくなるためです。
なので、成長途中で歯列拡大しやすい年齢のお子様の場合、通常の矯正治療より短い治療期間しかかからないケースがあります。

神奈川県川崎市ひやま歯科クリニック
診療時間
電話でのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ